目指せゆるゆるエコ生活

毎日おいしい♪ケフィアのヨーグルト♪

★ ゆき坊(嫁@ニンプ末期)です♪

先日のクッキングパーポーにおきましては、たくさんの方から「アレ、いいね!早速使うよ♪」
などのお言葉、メッセージいただきました。ありがとうございました。
勘違いして多少調子こいてしまいそうな私ですが、すごいのは教えてくれた友人と販売元のクオカさん。
そして製造社である事はきちっと自負したいと思っています。(当たり前ぢゃ!)

さて、今回はまぁ、みなさんもやっている方はとっくの昔に体験済みかもしれませんがワタクシ事で
「ケフィアのヨーグルト」です♪

20090221_082454s.jpg


ワタクシ、20代前半はほぼヨーグルトで生きていたと言っても過言ではないほどのヨーグルト好き。
会社が休みの日にはスーパーへ行き、マイ・チャリカゴにたわわと3連ヨーグルトを買いだししたものでした。

そんな私は今でもモチロンヨーグルト好き。
毎朝どーしても食べたくなるし、なんか食べてると体がキレイになってるような気がするんですよね♪
美容にも良さそうだしなにより美味しい♪

しかし、そんなヨーグルト好きな私には3連ぢゃ足りないし、すぐになくなってしまいます。
お得用のブルガリアヨーグルトもしかり。
そんな時、友人からケフィアの菌をもらいました。
この菌を牛乳1パックに入れて、よく混ざるように上をしっかり押さえてフリフリします。
そして、今時期は丸1日コタツの中へ。

1日たつと牛乳パック1本分のヨーグルトができあがりです♪(やったー☆)
これでたくさん食べられます♪
そして、このヨーグルトが残り4分の1くらになったらまた牛乳を足します。そしてまたまたコタツへ。。

これを何度か繰り返し、もぅダメかな~と思ったところで菌&パックを変えます。
これは先日購入したケフィアですが、1箱1000円。
まぁ、1本を何度か使う事を考えたら安上がりだし、何よりおいしいし毎回食べてたような
パックのゴミがでません。

20090221_082504s.jpg

いつぞやは「カスピ海ヨーグルト」がはやっていて、知人でもやっているよなどとよく耳にしましたが
その時の私の周りにはその菌を持っている人が見つからなかったのと、「毎日やらなきゃいけない?」
みたいなのを聞いて断念していたのでした。
やっとこうして自宅でヨーグルトを作り、毎朝手作りのジャムをかけて食べるのが日課になり
嬉しい今日この頃です。

ヨーグルト好きさんで3連パックをよく購入してしまう方にはオススメですよ♪
たくさん食べて、内側からキレイになっちゃいましょう♪

20090201_082311s.jpg

★あべっち(旦那)です。
毎日食べているのが手作りヨーグルトだなんて嬉しいね-。
ヨーグルトは買っても安いので一人暮らし時代から食べてました。
毎日のヨーグルトはお通じにも良いような気がします。
そしてまた手作りジャムと相性バツグンなんだよね。ふむ…。
うちの「もう買わないぞリスト」にジャムも追加しましょう!
(なぜにそんなにストイック!?)
▼現在のうちの買わないぞ手作りリスト
食パン、パン各種、うどんの麺、ピザ、ヨーグルト、
味噌、シナモンロール、パウンドケーキ、ホットケーキ、ジャム(new!)

20090224_075149s.jpg

温めたお湯は「サーモス社のステンレスポット」で長時間保温!

あべっち(男)です。
毎日寒いですがこんな季節はこたつのぬくぬくが助けてくれますね♪

さて、「このブログを読んだ方は必ずコメントを書いてください」という爆弾発言後、
書き込みやメールやメッセージを頂きましてありがとうございました。
自分と同じエコ生活を目指している方、または手作りの先輩方からの激励のお便りは
まだまだ人間も捨てたものじゃないなと心を潤すことができました。

そしてこのブログを読んだのにも関わらず、まだ何もくださらない方々は
お願いですから、土下座でもいたしますので、たった一言、一行、一文字の
コメントをよろしくお願いいたします。

さてさて、前回私が書かせて頂いた「ストーブの火力は最大限活用!便利がいっぱい」の
記事に関連して、今回は「お湯の保温方法」についてのお話をさせてください。

皆様は「温めたお湯」はどうなされているでしょうか?
エコを実践してらっしゃる人間ならば迷わずに保温容器に入れますよね♪

thermos_pots.jpg


自分が使っているのはTHERMOS社(サーモス)のステンレスポットです。
元々軍隊で使える本物の商品を作っていた会社ですからその実力はバツグン。
最近は値段が落ち、量産的になっては居ますが、まだまだ実力NO1だと思ってます。

このブログをご覧になられている皆様は無関係かもしれませんが、
世の中ではまだまだ、電気ポットを使っているご家庭が殆どです。

電気ポットは電気でお湯を再加熱して設定温度を保ちます。
そして更に、お湯を注ぐときにも、温度を計り、表示するのにも電力を消費します。
この電気ポットで出来るエコと言えばせいぜい、
沸騰済みのお湯を使う、電源コンセントを抜くくらいでしょうか。

そもそも、「ポットのお湯がいつでも98度である必要」が無いと思うんです。
飲みたいときに熱ければ良いわけで、もしぬるければ暖めなおせば良いんです。
いつでも98度なんて熱くて飲めませんってば。

もしかしたら電気ポットの発電量なんて1日10円程度かもしれませんが、
それでも、自分は出来るだけ無駄な電気は使いたくありません。
何せストーブの灯油を使って温めた大切なお湯なんですから。
これを電気を使って保温していたんじゃ熱々のお湯が泣きます。

ステンレスポットは数時間でぬるくなりますが、それでも5時間は熱量を保ってくれます。
更に、ステンレスポットならではの能力として、
熱いものだけではなく、冷たいものも保温可能です。
夏場は嬉しいですよね♪

更に以下で紹介するテクニックを使えば冬でも10時間くらいは保温可能です。
お試しあれ、でございます。

時間が経ってぬるくなってきたお湯で飲み物を作ったとき、
「まだ少し温かい…嬉しいな」なぁんて、熱量を愛しく思えてしまったら、
あなたも立派なエコマニアかもしれません(笑)

文明の利器に感謝しながら、エコエコに生きるんです。



★ここでエコテクニック!
このブログを見てくださるあなただけにお教えします。
この技を使うと寒い冬でも保温時間が+5時間になります。
本当、全然違うので試してみてください。

お湯を入れたポットを保存時にこたつに入れてみてください。
保温時間が、温度が全く違ってします。だまされたと思ってやってみてください。
ティーコゼがあるかたはそれをかぶせてもOKです!
(親曰く、毛布でもタオルでも何でも良いとのことです)

★関連リンク
「ストーブの火力は最大限活用!便利がいっぱい」
http://motoiko.weblike.jp/eco/?eid=25

サーモス/ホームページTOP
http://www.thermos.jp/
(サーモスが何気なく使われているサーモスライフストーリーがオススメ)


★ ゆき坊(嫁です)

私も以前は電気ポット愛用者だったけれど、たしかに使いもしないのにずーっと沸かしたお湯が
そこにある。。みたいな状態だったりで結局そのお湯をつかいもせずに捨てたりもしてました。
このサーモスの保温力はすごいので、今では本当に電気ポットがいらなくなったよね。

赤ちゃんのミルクを作るのに適温。。などには電気の良さもあるんだね。(コメントありがとです♪)
自分のスタイル、生活に合わせてどちらをとるのか。
そうやってひとつひとつの事を選んで心地よく暮らしていけたらいいなーと思います!

お菓子作りの必需品「何度も使えるクッキングペーパー」

ご無沙汰しておりました。ゆき坊(嫁@ニンプ9ヶ月目にはいりました)です♪
お腹が前にせりだしてきて、コタツで力士のような生活をしつつ、旺盛になる食欲とは裏腹に
胃が圧迫されつつある今日この頃です。

そんな中、遠くへの外出が減った一方でのめりこんでいるのがお菓子作りです。
そんなに大したもんではないのですが、近くにお店がない事と、自分で作ったほうが
たくさん食べれる♪という発想からちまちまと本を見ながら色々と試して作ってみたりしています。

私が作るのはだいたいが「パウンドケーキ」か「クッキー」などなのですが
そのたびに毎回思う事がありました。

型に使うクッキングペーパー。
これが毎回使い捨て。


パンを焼くたびに、お菓子を焼くたびに毎回使い、すぐになくなりまた買いにいかなくてはなりません。
型の大きさにあわせて毎回切る作業もなんだかメンドクサ・・・・。

で、一時は紙のペーパーを辞めて、型にオイルを塗ったりもしたのですが、
焼き上がりの感じがなんだかいつもと違ってしっとりいかないのです。うーん。。なんとかならないものか。。。

そこで、お菓子作りに詳しい友人に、「型のペーパーってどうしてる?」と何気に聞いてみたところ
とってもいいグッズがある事を教えてもらう事ができました☆

20090203_090350s.jpg

それがコレ♪
お菓子の材料サイト「クオカ」の洗って使えるクッキングペーパー♪
http://www.cuoca.com/item/43300.html?spec=11

最初こそお値段がはりますが、何度使っても洗って干して、また使えるスグレモノです☆
そして、よく使う型に合わせてサイズを切ってさえおけば毎回切る必要もないのです。
これは便利!(パチパチパチ~♪)

今では相方が作ってくれるピザ生地の保存(冷凍する際くっつかないように間に挟む)も
パンの発酵や焼いたりするときに使うのももっぱらこのクッキングペーパー。
もぅたぶん紙のは買わずにすみそうです。

1度きりで捨てるもったいなさから開放されて、
昨日もキャラメルケーキとクッキーを焼きました。
甘いものが辞められない今日この頃。
今日も3時のおやつタイムが楽しみです♪

20090203_124928s.jpg

洗えるクッキングシートを使って焼いたコロコロクッキー♪


★あべっち(男)です。
おおお!嫁っ!完全復活ですかっ!?
このクオカの何度でも使えるクッキングペーパーは劇的な出会いだと思う。
教えてくださった嫁の友人に感謝です。(ぺこり)

ピザ生地を作るときは4枚~8枚作る分量で作るのですが、本当、これは便利!
生地の間に挟んでおけばクッキングペーパーごとオーブンに持って行って焼けるものね。
20090131_155011s.jpg
(私手作りの適当マヨコーンピザ)

ストーブの火力は最大限活用!便利がいっぱい

あべっち(男)です。
2009年も「本当のエコ」の観点でつらつらと書いていきたいと思います。
そしてこちらのブログの文章を読んで頂いた方は必ずご感想をお寄せください。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。

さてさて、今回は昔話から入らせていただきます。
どうか付き合ってくださいませ。

新潟県新潟市、雪国で生まれ育った私の家は築30年でした。
家の暖房器具は大きな石油ストーブ。
その上で温めているやかんからお湯の沸くカタカタ・・・という心地よい音が生活音。

こたつで、沸いたお湯で作った温かい飲み物を飲みながら、
これまたストーブの上で親が焼いてくれる餅や干し芋やするめが楽しみでした。

千葉県に引っ越してきて、中学2年になった頃、兄弟それぞれが自分の部屋を持ち、
各々の部屋に最新式の「石油ファンヒーター」を買ってもらえました。

マッチも要らず、スイッチひとつですぐに温風が出ます。
そんな便利グッズを手に入れたのに、
目も喉もすぐに渇くし、気分的に部屋全体がなんとなくほこりっぽい。
よく用事も無いのに一階のストーブとこたつのあるリビングに降りてました。

それから15年経った現在。私も結婚し、木造の一軒家に住むようになりました。
夫婦でどんな暖房器具を買うか話し合っているとき、そんな思い出話になり、
「やっぱりストーブが良いよね」と方向性が一致したわけです。

人間には「子供の頃の環境」に戻ろうとする修正があるのでしょうか?

IMG_3793s.jpg
まぁそんなわけで、買ったのはこちらの「アラジン社のアラジン」という可愛いストーブ。
毎月の食費を2人で2万円で生活していた当時(今もですが)、
39800円もするこのストーブを、清水の舞台の3倍の高さから飛び降りる気持ちで購入しました。

決め手は「一生使うから良いものを買いたい」という嫁の一言だったのですが、
これがもう大正解。
機能的で、コンパクトで、何より、可愛いんです。

もちろん上にはやかんを置けるスペースがあり、ここで沸かしたお湯を重宝してます。
やかんをおいておけば加湿器も必要ありません。
夕飯時に味噌汁やスープをおいておけば熱々のがいただけます。

IMG_3797s.jpg
今現在は嫁がストーブの上で小豆(あずき)を煮てます。
部屋のすぐ隣にあるので台所のガスコンロでの加熱よりも安心感があります。

着火にはなんと今時、ライターが必要です。
手間はかかりますが、乾電池も不要ですし、その30秒かかる手間すら愛おしくなります。
そして十分温かいなと感じたらすぐに消すフットワークも大切。
じゃないと灯油なんてすぐになくなっちゃいますからね。

さて近年、数年前に登場したハロゲンヒーターの故障が問題になっております。
この世の中、良いものは生き残り、駄目なものは消え去っていくのが宿命です。
自分の勘ではハロゲンヒーターが50年、100年後に残らないと確信してます。

それに言ってしまうとデザイン的にも、機能的にも駄目すぎるんです。
ダサイすぎますって、あれ。・・・ああ、ついに書いてしまった。。
(持っている方、ごめんなさい)

製品の不具合が目立つハロゲンヒーター(報道発表資料)_国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20081119_3.html

自分はこれからも自分が一生使える「かっこよいもの」を少しずつそろえながら、
クリーンで気持ちの良い毎日を生きていこうと思うとります。

エコエコに、エネルギーを有効利用しながら生きるのです。

IMG_3791s.jpg
(おやつで出てきたぜんざい)

★ゆき坊(女&嫁&ニンプ9ヶ月目)です♪

ご無沙汰でした。嫁がペンをとりました。
えー、このストーブは持ち運びが簡単にできて便利だし、お湯わかせたりで本当に重宝しています。
そして、コトコト豆など煮える音を聞きながらコタツで編み物をしたりとか、
ヤカンのお湯の沸く音とか、それこそがBGMに聞こえるくらい懐かしく心地よく。
それは昔の懐かく暖かい記憶とも関係あるのかもしれないなーとも思います。

北海道出身の私の実家でもやっぱりつねに暖房器具は石油ストーブでした。
蒸発皿にはたっぷりのお湯と、母がいつも煮物を煮たり黒豆を煮たりするのを見ていました。
関東にきてからエアコンなどの暖房を知ったのですが、肌だけでなくのどや目なども乾燥してしまい
逆に体調を壊してしまったり自分には合わないなぁぁ~と感じる事も多々あったので
やっぱりこのストーブは今の自分の生活にすごく合っていると思います。
見た目もかわいいし、なにしろ毎回火をつける動作そのものが好きだったりもします。
物への愛着・・という点からも、このアラジンのストーブを一生大事にかわいがってあげたいと思っています♪

乾電池の電池ケースは実は備え付きのプラがベスト!

あべっち(男)です。

このブログが何人の方に見ていただけているのか分かりませんが、
誰かに見てもらう為に頑張るわけじゃないのです。
例え誰も見て無くても続けていきますよ~。
お便りなどは元気が出ますのでどしどしお寄せください。
(info@chibamania.com お便り募集のコーナーまでお寄せください)

20080521_063443037s.jpg
さて、この10年で家にある家電を少しずつ乾電池対応化してきました。
今年買った乾電池対応商品はスピーカー、太陽光充電ヴァイオレッタなどです。
電池を使い捨てなくて済む彼らが可愛くて仕方がありません。

そんなわけで自分は電源コードが嫌いです。
タコ足!あれも大嫌いです。いらいらします。
「たこ足配線」なんて言葉自体、タコに失礼だと思ってます。

それくらい電源コードが嫌いな人間なので、
自宅でアロマ教室を行う際に嫁がそれはそれは長い電源コードが
むき出しの「無印良品のCDプレイヤー」を買ってきたときは
戦場で仲間に背中を打たれた気分になり、そのまま気絶しそうになりました。

目を覚ました後、その長い長い電源ケーブルを人目から隠す作業をしました。
きっちり隠して見えなくはしたものの、「電源コードが常時コンセントにささったまま」というぬぐい切れない「無駄」で苦しくなるので、もう考えないようにしてます。

今の時代、CDプレイヤーは乾電池駆動に限りますって。
可愛いデザインも探せばあると思いますよ。

そんなわけでうちでは電池の入れ替えも他の家庭に比べて頻繁に行います。
なので電池を楽に扱うグッズが欲しくなるわけです。

今回は「電池ケース」を探していました。
デジカメやライト、ICレコーダーなども電池駆動のものを使用しているので
予備の電池は出来るだけスマートに持ち歩きたいのです。

デジグッズを買うときはいつもそうなのですが、鬼のようにネットサーフィンして情報を集めます。
これが楽しい楽しい。

「買うのであれば究極のものを、一生使えるものを」これが自分の掟です。
最高のものを買ったときのその心地よさはこちらで書かせていただきました。

物を長持ちさせるにはその1「大好きなものに囲まれた生活をしよう!」
http://motoiko.weblike.jp/eco/?eid=22

そしてamazonで安くて最高なのを見つけました。
お値段1つ263円程度でレビューの評価も絶好調です。
で、購入ボタンをポチっと押して注文を確定しようとしたそのとき。

ん?と違和感を感じました。
何だろうこの違和感は。買っても使わない、予感がそう言います。
でも散々迷って、今売られている商品の中ではべすとの選択なはず。。

こんなときは物を買うときの掟その2「迷ったら辞めておけ」を優先します。
買うのを辞めてもう一度、自分の持ち物をチェックすることにしました。

もしかしたら今あるグッズで代用できるかもしれないし、代用したときに
そっちのほうが最高だったら買ったものは使わずごみになりますものね。

で、電池を取り出してきて気がつきました。
あ、これでいいじゃん。。。
IMG_2045s.jpg
IMG_2046s.jpg
買ってきたときについてきたプラスチックのケース。
当然大きさもぴったりと専用に作られてますし、入れやすさは抜群。
そう、「これ使えるなー」と思ったから当時、捨てなかったんです。
単三のも単四のもあります。

灯台下暗しですね。思わず便利なamazonの魔力に買わされるところでした。
余計なものは買わず、エコエコに生きるんです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8