目指せゆるゆるエコ生活

コンポストで生ゴミを堆肥(土)に変えよう!


秋ですね,あべっち(旦那)です。

今回はうちの「コンポスト」のお話をしようと思います。
そして実はこれが今自分が一番ハマってるエコ活動かもしれません。

コンポストってなんじゃほら?と貴方はどうか図書館やインターネットで調べてみてください。

簡単に言うと「ゴミを土や堆肥に戻す設備」なのですが,設備と言ってもうちにあるのはお手製で
電気もEM菌も使いません。(エコにランニングコストをかけるのはどうも性に合わないので)

さてさてうちでは現在,2台のコンポストが元気に稼働してます。

●コンポスト1
20090907_071704s.jpg

制作費:1000円位
役割 :生ゴミ,犬のうんこなどを土に戻す
こちらは2のミミズたちが処理しきれない生ゴミを担当。フタもしてないので昆虫たちが行き来し放題。抜いた雑草や育てた野菜のくずなど何でもかんでも放り込んでますが処理能力は高く,投入した生ゴミは数日間で消えて無くなります。ムカデやコオロギ,ダンゴムシ達の住処になっているようですが少し掘ればこちらもミミズたちがいっぱいです。


●コンポスト2
20090907_071618s.jpg
制作費:5000円位
役割 :土を作り,回収する
ミミズコンポストとして制作。中には100匹以上のみみずが生活してます。生ゴミを食べたミミズの糞は良質な堆肥になります。通常であればミミズを購入するのですが満足のいく処理をする数を買おうとすると5000円~10000円するので断念しました。裏庭にいたミミズたちを飼育中です。コンポスト1には劣りますが,みみずの好きな生ゴミだけを投入することでそこそこの処理をしてくれます。

desc
こちらが毎日土に戻している生ゴミ(ミミズの餌)。
これが大地に戻り,立派な堆肥になるわけです。

コンポストを作ろうと思った最初のきっかけは「畑で使える土が欲しい」という思いからでした。現代の「肥料をお金を出して買う」という常識がもう,自分の野菜作りの価値観には合いませんでした。理想は日本の江戸時代の農業。糞尿や生ゴミは堆肥として利用し,燃えるゴミは灰にして土壌を整えていたというあれです。自分があと何年居きられるか分かりませんが,それまでに出来る限りそこに近づきたいです。

もう一つ書かせて貰えるなら,正直,ホームセンターなどであの安さで買える堆肥や腐葉土って,裏では何を混入しているか分からないじゃないですか。(安い低脂肪乳や安い犬の餌などと同じですね。)。まぁ疑い始めたらきりがないわけですけどね。ともあれ,せっかく無農薬の家庭菜園をするのですから,手作りの有機肥料を与えたいと思ったのです。

さて,ここでコンポストのメリットをまとめておきましょう。

・毎日出る生ゴミを減らせる
 →ゴミを出す周期を遅らせることが出来る(手間の軽減)
 →有料ゴミ袋の節約になる(お金の節約)
 →小バエなどがたかりにくくなる(衛生面)

・良質の堆肥が作れる
 →美味しい野菜が大量に作れる(2009年夏野菜で実証済み!)

この通り,メリットはいくらでもあります。
なんといっても家庭から毎日いくらでも出てくる「生ゴミ」を減らせるのは爽快です!
綺麗に残さずに食べても,どうしても,出てきますもの。

これまでは回収車に早く持って行ってほしい!とゴミは邪魔者でした。
1日ゴミを出し忘れちゃうと小ハエがたかっちゃうなんてよくありましたよね?
その上,処理場の焼却炉で燃やされたゴミはダイオキシンは出すは燃料は使うわ…。

コンポストはこれらの気持ち悪さを全て逆転してくれます。
なにせ有害物質を一切出さずに栄養に変わり,庭の大地(畑)を潤してくれるんですから。

ゴミ達は土に戻したそのときから大地へと戻っていきます。
今では一分一秒出も早く,土に戻してやりたいと思い,それを毎朝実践してます。

desc
desc
この夏(2009年),家の庭のゴーヤとトマトなどが現在9月17日にも関わらず,
周りの畑と比べると異常な成長を見せてます。
ゴーヤなどは未だに15本くらいなっており,そのどれもが立派なLサイズ。
これには隣の畑のプロも「すごいねー」と褒めてくれてます。

もちろん,味も絶品です。
もうその味に慣れてしまいましたが,市販のトマトを食べたときに違いがよく分かります。
残したくなるくらいの違いです。どうやったらこうなるんでしょう。(農薬かなぁ…)
これはこれで悲しいのですけどね…。

科学肥料も相当ケチっている自分がこの畑に何をしたか思い出してみましょう。
今年,うちのコンポストでは土を回収できるくらいの堆肥を取ることができませんでした。
投入した生ゴミは魔法のように消えていくのですが,土はあまり増えないから不思議です。

それならばとメロンや西瓜などミミズのすきそうなものを食べて生ゴミが出たときに
その皮を根っこの近くに植えていたんです。スイカのゴミってかさばりますからね。

こうなるとそうです,畑自体が小さなコンポストになってたんです。
結果,プロが化学肥料満載で作った畑よりも出来が良くなった。
これはもう確定だと思ってます。

検証はこれからも続けていきます。
先日はコンポストから土を堀り,ゴーヤの足下に追肥しておきました。
いやー,10月まで収穫が続いたらどうしましょう♪

そんなわけでコンポスト,オススメです。
自分の人生のライフワークになることは間違いありません。

畑で作った野菜の屑がまた畑にの土に戻り,野菜を育ててくれる。
エネルギーを有効利用して美味しくエコエコに生きるのです。


★畑で獲れた野菜の料理
desc
ゴーヤの天ぷら

desc
ゴーヤチャンプル

desc
ミニトマトはお弁当を彩ります

desc
ピーマンとトマトのピッツァ

desc
バジルソースとトマトと芋のパスタ