目指せゆるゆるエコ生活

大好きなガラス瓶での手作りジャムのススメ


こんばんわ,あべっち(31歳男)でございます。
この夏の収穫はなんといっても長野県までロングドライブをし古民家を見てきたことです。

千葉県では考えられない広大な巨大な畑があり,味噌蔵があり,薪ストーブがありました。
古いながらも落ち着いた澄んだ空気。手作りに没頭出来る空間がそこにありました。
必ず,必ず,いつの日にか納得のいく古民家に移り住み,そこで生涯を終えたいと思います。
良い物件をご存じの方はご一報ください♪


(オレンジジャムとブルーベリージャム)

さてさて,うちの嫁さんは手作り料理が大好きです。
3度の食事はもちろん,お菓子や保存食なども毎日積極的に作ってます。
(もちろん,私も節約料理は大好きです)

どうしてこんな熱心に手作りを続けるのかと申しますと,美味しくて安心ということももちろんありますが,
一番の理由は「毎月の食費が30,000円(大人2人,赤子1人)と低く設定されているから」だと思います。

食費30,000円で外食をしたり市販のお菓子やパンを買っていたらすぐにすっからかんです。
そんなこともあり,毎日せっせと手作り生活を楽しんでいる訳です。
(ちなみに2人の時は20,000円で,赤子を妊娠してから30,000円になりました)

そんなうちの「うちの定番レパートリー(※)」の中でも,
定番中の定番であり,毎朝の楽しみになっているのが「手作りジャム」です。

香料も保存料も入ってない,自然の果物の味。
これをベーカリー機で作っただけの簡単食パンにつけて毎朝楽しんでおります。


オレンジは皮ごと食べたいので農薬除去対策として何度も煮ることになるので,
時間と手間はかかるそうですがその味は格別です。
(今,キンカンとオレンジの木を育ててます。3年後には無農薬ジャムを作れるはず♪)

ジャムをいれる容器は毎回同じ瓶を使ってます。
買ったり頂物で頂いたガラス瓶です。
経験上,ジャムの瓶は落としても割れないので捨てるまでず~と使えます。

いつかお店や骨董市などでお気に入りの瓶が現れる度にベストな物に入れ替えはしていきますが,
使ってきた容器はまた別の料理や別のジャムで使用できますよね♪


自分で作るジャムのエコポイントとしてはこんな感じです。
・瓶を何度もリユース(再利用)出来る。
・比較的古い果物を無駄にせずに使用出来る
・保存食なので数ヶ月持つ(作るときにきちんと殺菌すること)
・物によっては皮も使用出来る

皆さんも余った果物で,大好きなガラス瓶で保存食のジャムを作ってみませんか?
クセになりますよ~♪

そして手間暇かけたジャムを喜んでくれる人と食べましょう♪
大きくなってきた子供と一緒に作っちゃいましょう♪
いやーー楽しみですっ♪

新作の梨ジャムを制作中の嫁さん♪



※うちの定番レパートリーについて
うちで「これはもうお店などで買わずに一生,手作りをする」と決めた食べ物のことです。
頂いた物は美味しく頂きますが,自分たちでは買いません。
この中に入ったものはスーパーなどで買わずに食べたいときに手作りします。

レパートリーには食パン,ピザ,うどん,餃子,パウンドケーキ,ビスコッティ,紫蘇ジュース,
丸パン,ホットケーキ,ヨーグルト,お好み焼き,たこ焼きなどがあります。
将来は味噌やソースや醤油なども定番にしていきたいです。