目指せゆるゆるエコ生活

レギュラー珈琲を飲むときのペーパーのゴミを無くす!(前編)

千葉県市川市に住んでます,あべっち(旦那)です。
東京に近いこの地域の皆様のエコ意識は全国的に見てどうなのでしょう?

都会にはエコ本やエコ雑誌が本屋の店頭に並び,情報もたくさんあります。
積極的にベランダ菜園をされている方も多いです。

田舎暮らしの方が逆に,ゴミを分別する意識がなかったりもするわけで,
結局は地域ではなく,個々のエコ意識レベルによる物なのでしょうね。

さて,今回は前回書かせて頂いた珈琲談義についての続きにあたる文章です。
皆様の中にもきっと,同じように苦しんでいる方がいらっしゃるのでは?と思います。
まずは前編をお届けします。

自分はこの5年間ほど,レギュラー珈琲よりもインスタント珈琲を好んで飲んできました。味で言うとレギュラーの方が美味しいに決まってますし,それでなくても心配性の自分の中では「一度溶かして固めて加工し,冷たい牛乳にも良く溶ける」的な行程が入っているインスタント珈琲はそう,言わば「加工乳的な扱い」でした。

では何故,インスタントを選んで飲んできたのか。
その理由はズバリ「毎回使い捨てることになる紙(ペーパー)が勿体ない」でした。
あれを毎回,ゴミ箱に紙を捨てるのが心底,嫌なんです。
(紅茶のTバックなども同じですね)

しかし30歳になった今,少しずつ「美味しい珈琲を飲みたい」という欲求が大きくなってきました。理性で押さえられないとはエコリストとしては情けない話です…。きっと年を重ねて量より質になり,舌がグルメになってきたのでしょう。

そんな中,結婚してからというもの,友人達から珈琲豆を頂く機会が重なり,
またレギュラー珈琲時代が始まりました。こうなるともう止められません。


20090131_115517s.jpg
精米して時間が経った新潟の魚沼産コシヒカリよりも精米したての千葉産のほうが3倍美味しい」という持論を持っている私は,「カリタの手動のミル」を探して買いました。

20090106_094731s.jpg
あぁ憧れていた素敵な珈琲の毎日です。
自分で豆をガリガリして飲むこの手間もまた良いじゃないですか♪

ただ一つ,紙を毎回捨てているという心苦しさ,クリアしたい課題はこれだけなんです。
でもこれも家に余っていたペーパー50枚ほどを使い切るまでは大丈夫でした。
せっかく買った物をゴミにしてはいけませんからね。しっかりと使います。

そしてついにその日がやってきました。
余っていたペーパーが無くなったのです。
ペーパーを新たに買うか,飲むのを辞めるかの選択を迫られました。。。

人として,珈琲好きとして,さぁどうするっ!?
→後編に続く!