目指せゆるゆるエコ生活

温めたお湯は「サーモス社のステンレスポット」で長時間保温!

あべっち(男)です。
毎日寒いですがこんな季節はこたつのぬくぬくが助けてくれますね♪

さて、「このブログを読んだ方は必ずコメントを書いてください」という爆弾発言後、
書き込みやメールやメッセージを頂きましてありがとうございました。
自分と同じエコ生活を目指している方、または手作りの先輩方からの激励のお便りは
まだまだ人間も捨てたものじゃないなと心を潤すことができました。

そしてこのブログを読んだのにも関わらず、まだ何もくださらない方々は
お願いですから、土下座でもいたしますので、たった一言、一行、一文字の
コメントをよろしくお願いいたします。

さてさて、前回私が書かせて頂いた「ストーブの火力は最大限活用!便利がいっぱい」の
記事に関連して、今回は「お湯の保温方法」についてのお話をさせてください。

皆様は「温めたお湯」はどうなされているでしょうか?
エコを実践してらっしゃる人間ならば迷わずに保温容器に入れますよね♪

thermos_pots.jpg


自分が使っているのはTHERMOS社(サーモス)のステンレスポットです。
元々軍隊で使える本物の商品を作っていた会社ですからその実力はバツグン。
最近は値段が落ち、量産的になっては居ますが、まだまだ実力NO1だと思ってます。

このブログをご覧になられている皆様は無関係かもしれませんが、
世の中ではまだまだ、電気ポットを使っているご家庭が殆どです。

電気ポットは電気でお湯を再加熱して設定温度を保ちます。
そして更に、お湯を注ぐときにも、温度を計り、表示するのにも電力を消費します。
この電気ポットで出来るエコと言えばせいぜい、
沸騰済みのお湯を使う、電源コンセントを抜くくらいでしょうか。

そもそも、「ポットのお湯がいつでも98度である必要」が無いと思うんです。
飲みたいときに熱ければ良いわけで、もしぬるければ暖めなおせば良いんです。
いつでも98度なんて熱くて飲めませんってば。

もしかしたら電気ポットの発電量なんて1日10円程度かもしれませんが、
それでも、自分は出来るだけ無駄な電気は使いたくありません。
何せストーブの灯油を使って温めた大切なお湯なんですから。
これを電気を使って保温していたんじゃ熱々のお湯が泣きます。

ステンレスポットは数時間でぬるくなりますが、それでも5時間は熱量を保ってくれます。
更に、ステンレスポットならではの能力として、
熱いものだけではなく、冷たいものも保温可能です。
夏場は嬉しいですよね♪

更に以下で紹介するテクニックを使えば冬でも10時間くらいは保温可能です。
お試しあれ、でございます。

時間が経ってぬるくなってきたお湯で飲み物を作ったとき、
「まだ少し温かい…嬉しいな」なぁんて、熱量を愛しく思えてしまったら、
あなたも立派なエコマニアかもしれません(笑)

文明の利器に感謝しながら、エコエコに生きるんです。



★ここでエコテクニック!
このブログを見てくださるあなただけにお教えします。
この技を使うと寒い冬でも保温時間が+5時間になります。
本当、全然違うので試してみてください。

お湯を入れたポットを保存時にこたつに入れてみてください。
保温時間が、温度が全く違ってします。だまされたと思ってやってみてください。
ティーコゼがあるかたはそれをかぶせてもOKです!
(親曰く、毛布でもタオルでも何でも良いとのことです)

★関連リンク
「ストーブの火力は最大限活用!便利がいっぱい」
http://motoiko.weblike.jp/eco/?eid=25

サーモス/ホームページTOP
http://www.thermos.jp/
(サーモスが何気なく使われているサーモスライフストーリーがオススメ)


★ ゆき坊(嫁です)

私も以前は電気ポット愛用者だったけれど、たしかに使いもしないのにずーっと沸かしたお湯が
そこにある。。みたいな状態だったりで結局そのお湯をつかいもせずに捨てたりもしてました。
このサーモスの保温力はすごいので、今では本当に電気ポットがいらなくなったよね。

赤ちゃんのミルクを作るのに適温。。などには電気の良さもあるんだね。(コメントありがとです♪)
自分のスタイル、生活に合わせてどちらをとるのか。
そうやってひとつひとつの事を選んで心地よく暮らしていけたらいいなーと思います!