目指せゆるゆるエコ生活

家庭菜園or農業開始でCO2削減&O2アップ!

いやー,夜寒くなってきましたね。秋です,あべっち(男)です。

鳩山内閣が打ち出した25%のCO2削減目標,良いと思います。
それくらいの大きな目標を掲げないと今の民間人達は動きませんって。
ドイツやデンマークのように国主導でエコエコ国家にしちゃいましょう♪

CO2削減に関してはいろいろなアイデアがあるのですが,今回はその中でも
車を使わないと同等レベルのエコロジー,農業について書いていこうと思います。

恥ずかしながら私,本格的に畑を始めて今年で3年目になります。
まだ下手くそなので、種や苗を買うコストを考えると元が取れてるとは言いがたい状況ですが、
それでも野菜を育てることは「生きてる実感」を感じさせてくれる大切な趣味になりました。

desc
(土作り作業中の私…ジーンズでやるなっつーの…)

いやいや,もうこれは趣味ではなく,生きがいですね。
これから死ぬまで,農業をしない年は無いと思います。
それだけ素晴らしいんです。

農作業は俗に言う「大変」だと思います。皆様のイメージ通りの感はあります。
種を植えれば出てくる?そんなに甘くはないですってば。

毎週,日曜日は6時から草抜きです。
これを怠ると1週間後の作業が数倍になるので,サボれません。

毎日,水やりに追われます。
お洒落して町歩きしてたころには雨が降ると憂鬱になったものでしたが,
農業を始めてからは「恵みの雨」と心底,感謝するようになりました。

種を植える時期には土作りです。
石灰や肥料などを畑に加え,クワなどで耕す必要があります。
デスクワークで弱った腰にはかなりキます。

でもでも!人間は成長する生き物で,作業に慣れてくると苦労が減ってきますし,
そんな苦労自体も,野菜が収穫出来た嬉しさで吹き飛びます。
ご覧下さい,こちらはこの2年間で収穫した野菜の一部です。

descdesc
descdesc
自分の目で確認している確実な無農薬野菜なので安心で美味しいです♪

そして大変ながらも「農業は楽しい」んです。
水をあげすぎてはいけない野菜,酸性を好む野菜,ネットを張らねばならない野菜,
ちゃんと虫取りをしているか,土寄せをしたか,脇芽を取ったか,連作してないか…などなど,
気をつけなければならない部分がたくさんあり,これらをどれだけこなしたかで味や収穫量が変わります。

この現実感や本気感。データでは計れないガチンコ感。
ゲームで「なんたら農場」というのがあるそうですがこれよりずっと楽しいと思います。
こちらには本当の農業には収穫があり,食べる楽しみもありますからね♪

desc
(畑で獲れたトマトとバジルと芋で作ったバジルソースのパスタ♪(嫁作))
desc
(畑で獲れたトマトのパスタ(私作))
desc
(お弁当も美味しく彩られます(嫁作))

野菜を育てればそれだけで二酸化炭素削減になります。
なぜなら植物は二酸化炭素を吸い,光合成で酸素を作り出してくれるからです。

あと日本の自給率の低下はひどいものがあります。
世界各国が自給率を高めようと国をあげて国民全体で頑張っていたこの20年,
更にひどい状態になっているのは我が日本だけです。
自分は2009年9月現在,この国に国籍を置いていることを恥ずかしく思ってます。

そのような状勢を考えても自分で野菜を作ることは意味のあることだと考えます。
輸入に頼っていてはいつかしっぺ返しを食らうなんて単純明快な事実を,
頭が良いとされてる政治家の皆様は近代の歴史から学んでいないのでしょうか?

国がバカなら民間人の我々1人1人が意識を高めて始めようじゃありませんか。
ベランダ菜園でも良いんです。そこに余ってるプランターで始めましょう♪
最初の土作りの時に石灰と肥料をちゃんとあげていればあとは水だけでも成長します。
もっと美味しくのはその後から年々進化させていけば良いんです♪

さてさて,エコな農業の話はこれでは終わりません。
エコを目指す人間が農業を始めたわけですから,農作業でも極限までエコしたいのです。

自分が目指すのは「エコエコで完全サイクル性の農業」なのです。
次回はそんな私の「エコ野菜作りのこだわり」を書きたいと想います。

コンポストで生ゴミを堆肥(土)に変えよう!


秋ですね,あべっち(旦那)です。

今回はうちの「コンポスト」のお話をしようと思います。
そして実はこれが今自分が一番ハマってるエコ活動かもしれません。

コンポストってなんじゃほら?と貴方はどうか図書館やインターネットで調べてみてください。

簡単に言うと「ゴミを土や堆肥に戻す設備」なのですが,設備と言ってもうちにあるのはお手製で
電気もEM菌も使いません。(エコにランニングコストをかけるのはどうも性に合わないので)

さてさてうちでは現在,2台のコンポストが元気に稼働してます。

●コンポスト1
20090907_071704s.jpg

制作費:1000円位
役割 :生ゴミ,犬のうんこなどを土に戻す
こちらは2のミミズたちが処理しきれない生ゴミを担当。フタもしてないので昆虫たちが行き来し放題。抜いた雑草や育てた野菜のくずなど何でもかんでも放り込んでますが処理能力は高く,投入した生ゴミは数日間で消えて無くなります。ムカデやコオロギ,ダンゴムシ達の住処になっているようですが少し掘ればこちらもミミズたちがいっぱいです。


●コンポスト2
20090907_071618s.jpg
制作費:5000円位
役割 :土を作り,回収する
ミミズコンポストとして制作。中には100匹以上のみみずが生活してます。生ゴミを食べたミミズの糞は良質な堆肥になります。通常であればミミズを購入するのですが満足のいく処理をする数を買おうとすると5000円~10000円するので断念しました。裏庭にいたミミズたちを飼育中です。コンポスト1には劣りますが,みみずの好きな生ゴミだけを投入することでそこそこの処理をしてくれます。

desc
こちらが毎日土に戻している生ゴミ(ミミズの餌)。
これが大地に戻り,立派な堆肥になるわけです。

コンポストを作ろうと思った最初のきっかけは「畑で使える土が欲しい」という思いからでした。現代の「肥料をお金を出して買う」という常識がもう,自分の野菜作りの価値観には合いませんでした。理想は日本の江戸時代の農業。糞尿や生ゴミは堆肥として利用し,燃えるゴミは灰にして土壌を整えていたというあれです。自分があと何年居きられるか分かりませんが,それまでに出来る限りそこに近づきたいです。

もう一つ書かせて貰えるなら,正直,ホームセンターなどであの安さで買える堆肥や腐葉土って,裏では何を混入しているか分からないじゃないですか。(安い低脂肪乳や安い犬の餌などと同じですね。)。まぁ疑い始めたらきりがないわけですけどね。ともあれ,せっかく無農薬の家庭菜園をするのですから,手作りの有機肥料を与えたいと思ったのです。

さて,ここでコンポストのメリットをまとめておきましょう。

・毎日出る生ゴミを減らせる
 →ゴミを出す周期を遅らせることが出来る(手間の軽減)
 →有料ゴミ袋の節約になる(お金の節約)
 →小バエなどがたかりにくくなる(衛生面)

・良質の堆肥が作れる
 →美味しい野菜が大量に作れる(2009年夏野菜で実証済み!)

この通り,メリットはいくらでもあります。
なんといっても家庭から毎日いくらでも出てくる「生ゴミ」を減らせるのは爽快です!
綺麗に残さずに食べても,どうしても,出てきますもの。

これまでは回収車に早く持って行ってほしい!とゴミは邪魔者でした。
1日ゴミを出し忘れちゃうと小ハエがたかっちゃうなんてよくありましたよね?
その上,処理場の焼却炉で燃やされたゴミはダイオキシンは出すは燃料は使うわ…。

コンポストはこれらの気持ち悪さを全て逆転してくれます。
なにせ有害物質を一切出さずに栄養に変わり,庭の大地(畑)を潤してくれるんですから。

ゴミ達は土に戻したそのときから大地へと戻っていきます。
今では一分一秒出も早く,土に戻してやりたいと思い,それを毎朝実践してます。

desc
desc
この夏(2009年),家の庭のゴーヤとトマトなどが現在9月17日にも関わらず,
周りの畑と比べると異常な成長を見せてます。
ゴーヤなどは未だに15本くらいなっており,そのどれもが立派なLサイズ。
これには隣の畑のプロも「すごいねー」と褒めてくれてます。

もちろん,味も絶品です。
もうその味に慣れてしまいましたが,市販のトマトを食べたときに違いがよく分かります。
残したくなるくらいの違いです。どうやったらこうなるんでしょう。(農薬かなぁ…)
これはこれで悲しいのですけどね…。

科学肥料も相当ケチっている自分がこの畑に何をしたか思い出してみましょう。
今年,うちのコンポストでは土を回収できるくらいの堆肥を取ることができませんでした。
投入した生ゴミは魔法のように消えていくのですが,土はあまり増えないから不思議です。

それならばとメロンや西瓜などミミズのすきそうなものを食べて生ゴミが出たときに
その皮を根っこの近くに植えていたんです。スイカのゴミってかさばりますからね。

こうなるとそうです,畑自体が小さなコンポストになってたんです。
結果,プロが化学肥料満載で作った畑よりも出来が良くなった。
これはもう確定だと思ってます。

検証はこれからも続けていきます。
先日はコンポストから土を堀り,ゴーヤの足下に追肥しておきました。
いやー,10月まで収穫が続いたらどうしましょう♪

そんなわけでコンポスト,オススメです。
自分の人生のライフワークになることは間違いありません。

畑で作った野菜の屑がまた畑にの土に戻り,野菜を育ててくれる。
エネルギーを有効利用して美味しくエコエコに生きるのです。


★畑で獲れた野菜の料理
desc
ゴーヤの天ぷら

desc
ゴーヤチャンプル

desc
ミニトマトはお弁当を彩ります

desc
ピーマンとトマトのピッツァ

desc
バジルソースとトマトと芋のパスタ

大好きなガラス瓶での手作りジャムのススメ


こんばんわ,あべっち(31歳男)でございます。
この夏の収穫はなんといっても長野県までロングドライブをし古民家を見てきたことです。

千葉県では考えられない広大な巨大な畑があり,味噌蔵があり,薪ストーブがありました。
古いながらも落ち着いた澄んだ空気。手作りに没頭出来る空間がそこにありました。
必ず,必ず,いつの日にか納得のいく古民家に移り住み,そこで生涯を終えたいと思います。
良い物件をご存じの方はご一報ください♪


(オレンジジャムとブルーベリージャム)

さてさて,うちの嫁さんは手作り料理が大好きです。
3度の食事はもちろん,お菓子や保存食なども毎日積極的に作ってます。
(もちろん,私も節約料理は大好きです)

どうしてこんな熱心に手作りを続けるのかと申しますと,美味しくて安心ということももちろんありますが,
一番の理由は「毎月の食費が30,000円(大人2人,赤子1人)と低く設定されているから」だと思います。

食費30,000円で外食をしたり市販のお菓子やパンを買っていたらすぐにすっからかんです。
そんなこともあり,毎日せっせと手作り生活を楽しんでいる訳です。
(ちなみに2人の時は20,000円で,赤子を妊娠してから30,000円になりました)

そんなうちの「うちの定番レパートリー(※)」の中でも,
定番中の定番であり,毎朝の楽しみになっているのが「手作りジャム」です。

香料も保存料も入ってない,自然の果物の味。
これをベーカリー機で作っただけの簡単食パンにつけて毎朝楽しんでおります。


オレンジは皮ごと食べたいので農薬除去対策として何度も煮ることになるので,
時間と手間はかかるそうですがその味は格別です。
(今,キンカンとオレンジの木を育ててます。3年後には無農薬ジャムを作れるはず♪)

ジャムをいれる容器は毎回同じ瓶を使ってます。
買ったり頂物で頂いたガラス瓶です。
経験上,ジャムの瓶は落としても割れないので捨てるまでず~と使えます。

いつかお店や骨董市などでお気に入りの瓶が現れる度にベストな物に入れ替えはしていきますが,
使ってきた容器はまた別の料理や別のジャムで使用できますよね♪


自分で作るジャムのエコポイントとしてはこんな感じです。
・瓶を何度もリユース(再利用)出来る。
・比較的古い果物を無駄にせずに使用出来る
・保存食なので数ヶ月持つ(作るときにきちんと殺菌すること)
・物によっては皮も使用出来る

皆さんも余った果物で,大好きなガラス瓶で保存食のジャムを作ってみませんか?
クセになりますよ~♪

そして手間暇かけたジャムを喜んでくれる人と食べましょう♪
大きくなってきた子供と一緒に作っちゃいましょう♪
いやーー楽しみですっ♪

新作の梨ジャムを制作中の嫁さん♪



※うちの定番レパートリーについて
うちで「これはもうお店などで買わずに一生,手作りをする」と決めた食べ物のことです。
頂いた物は美味しく頂きますが,自分たちでは買いません。
この中に入ったものはスーパーなどで買わずに食べたいときに手作りします。

レパートリーには食パン,ピザ,うどん,餃子,パウンドケーキ,ビスコッティ,紫蘇ジュース,
丸パン,ホットケーキ,ヨーグルト,お好み焼き,たこ焼きなどがあります。
将来は味噌やソースや醤油なども定番にしていきたいです。

「目に見える余計なケーブル類」を隠したいのです!【要望】

こんにちは、あべっち(男)です。
唐突ですが私、「目に見える余計なケーブル類が親の敵のように嫌い」です。
電化製品は大好きな男にどうしてこんな宿命を背負わせるのでしょう。
こういうのを「神のいたずら」とでも言うのでしょうか。

ケーブルというのは電源コードだったり,音声ケーブルだったり,パソコンから伸びるUSBケーブルだったりと,いろいろありますが,今回は電源ケーブルに絞って話をしたいと思います。

「長くて余計なコード」,この「余計」なの部分がポイントです。長くても用途にあった長さならば大丈夫なんです。(もちろん,隠したり使い終わったら即片付けまっせ)

20090728_154910s.jpg
(すっきりとまとまった同じ形状のたこ足ケーブル)

なので「余計なケーブル」は見ているだけでストレスが溜まってきます。そんな自分なのでパソコンの無線LAN(WIFI)が登場したときには飛びつき,平屋の自分の家はもちろん,2階もある実家も無線LAN環境を整えました。LANケーブルが1本無くなったという歴史的な進化だったわけです。

…しかしながら,,結局はもう一本のネックである「電源ケーブル」が残るわけです。パソコンに搭載されているバッテリはわかりやすい消耗品です。使えば使うだけ消費していき,利用できる時間がと0分に限りなく近づいていきます。毎日使っていたら1年持てば良い方なのではないでしょうか。

なのでバッテリは本気で使うとき(屋外やファミレスで使用するとき)に取っておきたいし,エコの観点からもどちらか選べるのならバッテリを使わない方が良いと決まってますので,結局,家で使うときは電源ケーブルが刺さっています。

パソコンの電源ケーブルというのはどうしてこうも企業やモデルによって形状や色が違うのでしょう。統一感ゼロ,そんな個性的なケーブル達がたこ足コンセントに一同に集まるわけで以下のようにもう目も当てられない「たこ足配線」が完成します。

20090801_062724s.jpg
(天気の良い日曜日に眺めているとストレスでテンションが上がる見事なたこ足)
ずっと海外の方がなぜタコを「デビルフィッシュ」と忌み嫌うのか分かりませんでしたが、たこ足配線のほうならデビルで統一でOKだと思います。

これまでは電源コードを毎回,たこ足から引き抜き,使うたびに刺すようにしてました。
20090801_074101s.jpg
(引き抜いてまとめた様子)

20090801_074249s.jpg
(収納した様子)

しかしやはりこれは手間なんです。刺しっぱなしにしたいです。いえいえ,エコリストの皆様,待機電力は心配には及びません。家のたこ足配線は基本「スイッチ付き」のものを使ってまして,就寝前にスイッチを切ります。なのでこの点はオッケーだと思ってます。
(電力は計ったことがないのでスイッチを切っても待機電力があるのかもしれませんが…)

刺しっぱなしにするとなると,現在の結論はただ1つ「上手に隠したい」となりました。

ネットで調べてみると同じ事を考えてらっしゃる方は多いようです。

●桃タコ  電源コードを隠したい
http://nekotokingyo.blog60.fc2.com/blog-entry-51.html

●仕事耕具:電源ケーブル、隠して整頓 テーブルタップごとしまえる
「The CableBox」 - ITmedia Biz.ID
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0808/28/news050.html

おお,いらっしゃるいらっしゃる!
同じことを考える同士の存在を嬉しく思いつつ,やはりデザインが納得いきません。。。

まずは素材ですがプラスチックは頂けません。木製でしょう。

となると上記ブログで紹介されていた100円ショップダイソーのグッズは?いやー,うーん,100円均一のものは出来たら避けたいんです。なんでしょうこの,「100円均一のものを出来るだけ家におきたくない」感覚って。高い物を買ってずっと長持ちさせて使いたいという信念と真逆だからでしょうか。

例え妥協して買って使っても,きっと自分はもっと良い物を探し続けます。そしてもしよりよい物が見つかった場合にはそれは即、燃えないゴミになります。なので自分の性格上,妥協は駄目なんです。

皆様はどうしてますでしょうか?
そんなには気にならないものでしょうか?

こんな商品あるよ,とかありましたら教えて下さい。
もちろん自分も,ベストな物を見つけるまで続けます。
(無い場合は木で作ろうと思います)

「長くて余計な電源コード」、皆さんは我慢できますか?

プラスチックだったご飯しゃもじを木製に変える

あべっち(30代男)です。
実は私、プラスチックが嫌いです。
どうして嫌いかはうまく説明できませんが、苦手なんです。
皆さんの中でもプラスチックが嫌いな方、いらっしゃると思います。

家の中にはまだまだプラ製品がありますが、出来るだけ他の物で代用する方向で進めてます。
今回はそんなプラ嫌いの私の、家のしゃもじのお話です。

IMG_7571s.jpg
ある日,ご飯をよそった後の白いしゃもじを洗っていました。
うちでは嫁さん手作りの液体石けんをディッシュソープとして使ってまして,
そいつをこれまた嫁さん手編みのアクリルたわしで洗うわけです。

しゃもじ程度にはディッシュソープは使いません。
使われている方はご存じだと思いますがアクリルたわしって素晴らしいんです。
これを使うとよく取れるので激しい油汚れのもの以外は洗剤をほとんど使わなくなります。
繊維が細かくてなんたら、らしいですが細かいことは嫁さんに聞いて下さい。
世間では「魔法のアクリルたわし」なんて言われてるらしいですよ。

まぁそんなグッズを使いながら洗っていたのですが、しゃもじについた汚れが落ちません。

IMG_7573s.jpg
これ,ご飯のカスか何かだと思っていたのですがどうも違うようです。
…プラスチック製しゃもじのコーティングが剥がれた有害物質です!

IMG_7572s.jpg
しゃもじをよく見てみると光沢のある部分と無い部分に分かれてます。
光沢のない部分は「にコーティングは剥がれている」ということです。

水分や熱や風化で少しずつ剥がれてきたのでしょう。
そして剥がれたプラスチック成分は、ご飯と一緒に私の体の中へ入ってきたと考えられます。
このプラスチック素材が体に良い成分で出来ているはずがありませんよね。。

このしゃもじはもう使う気になれず、処分することにしました。
そもそもどうしてご飯を盛るしゃもじだけはプラだったのでしょう?
どこかでそういう概念がすり込まれていたのかもしれません。

そういえば去年、ティファールの鍋のフッ素加工の何かが剥がれてきたときもすぐに捨てました。
自分は「勿体ない病」なのですが、体に悪いこととなると行動は早いんです。


さてそしてここからです。
物が壊れたことはエコリストとしては悲しむ事態なのですが、
余計なものは買わないと決めているうちでは、必要じゃない物は買いません。
でも逆に言うと壊れて必要になったら買えるので「次のを探す喜び」が生まれるわけです。

そしてそのときに買うのは「前回のものよりも優れたもの」にしたいですよね。

なので今回は苦手なプラスチック製ではなく「木材」のしゃもじを探してみようと思います。
木材なら溶けて変な成分が出てくることはありませんからね♪

IMG_7570s.jpg
こちらは木のしゃもじの劣化してきた箇所。
木材ですから体に悪そうな感じはしません。

IMG_7567s.jpg
こちらはうちにある現役の木材グッズです。
木材ってのはどうしてこうも可愛く、そして手になじむのでしょうか。

プラに比べるとお手入れは大変ですが(ちゃんと水分を拭き取るくらいですが)、
ビジュアル面でも使い勝手でも、圧倒的に勝利ですよね。

今度買うしゃもじの条件としては、まず堅い木から作られた木材であること。
そして今ある炊飯ジャーの「しゃもじ置き」にしっかり入ること位です。

久しぶりにかっぱ橋に行ってみようかしら。
一生使えるようなものと出会えると良いです♪

自然の素材のものを長く大切に使ってエコエコに生きるのです。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8